81415f13e7cb7b4e0aebfec6588b3302_s

 

子供に関する悩みはどこの家庭でもあるかと思いますが、偏食について悩みを抱えている人もとても多いようです。好きなものしか食べない、決まったものしか食べないという悩みを持っている人はたくさんいますよね。

 

せっかく栄養バランスの整った食事を考えたとしても、食べてくれなければ意味がありません。

当然、好き嫌いが多い子供は栄養バランスも乱れてしまいます。

 

偏食を治すには、毎日の料理にひと工夫を

子供の偏食を治すためには、子供が楽しんで食事ができるよう工夫をしなければなりません。見た目を工夫したり、食べるのが楽しみになるような食事にできれば、喜んで食べてくれる子供も多いです。

 

ただ、味が苦手という食材や料理もあるかと思います。

この場合は、ミキサーで小さくして別の料理として出すなど、工夫をすることが大切です。しかし、毎回凝った料理を作るのも大変なことなので、作る人の負担にならない形で工夫ができるように考えてみましょう。

 

それから、偏食をしている子供の中には、嫌いなものを残すのがなぜいけないことなのか理解していない子供もいます。

もちろん、小さいうちは説明をしてもわからないかもしれませんが、ある程度の年齢になったらバランスよく食べることの重要さを教えてあげましょう。

 

無理強いをしてしまうと、頑固になって余計に食べてくれなくなることもあります。

栄養バランスの偏りが気になるようであれば、おいしい青汁などを取り入れてみるのもいいですね。

野菜嫌いの子供は多いですが、このように無理なく野菜の栄養素を取り入れられる方法を探すのがおすすめです。

 

子どもの偏食は青汁で、少しは良くなりますか?

子供の偏食がなかなか治らずに困っているということであれば、まずは栄養バランスの整った食事を摂らせるためにはどうすればいいのか考えてみましょう。

 

もちろん、偏食を治すことも大切です。

 

しかし、すぐに好き嫌いを治すのは非常に難しいことですよね。
少し大きくなると、自然に偏食が治る子供は多いですが、それまでの間はどうしようかと頭を抱える人もいます。

 

偏食が治るまでの間の対策として、青汁を取り入れるのもおすすめの方法です。

 

青汁といえば苦くてまずい、小さな子供は絶対に飲まないと思っている人も多いのではないでしょうか。

ですが、今はとてもおいしくて飲みやすい青汁もたくさん登場しています。

 

 

特に、レモンが入った青汁はほんの少し酸っぱくて飲みやすいと好評なので、小さな子供からも人気が高い青汁です。

お気に入りの青汁が見つかれば、野菜不足の大部分を補うことができます。それに、青汁の取り入れ方はただ水に溶かして飲むだけではありません。

 

小さな子供にも人気がある飲み方が、牛乳に溶かして飲むという方法です。

こうすることによって、抹茶ミルクのような味わいになる青汁が多いので、おいしく飲むことができます。

それから、料理に使って青汁を取り入れている人も多いようです。例えば、ホットケーキの記事の青汁を入れるだけで、野菜の栄養素がたくさん詰まったホットケーキが出来上がりますよね。

 

無理をして野菜を食べさせようとすると失敗してしまうことも多いので、このように無理なく野菜の栄養素を取り入れていくといいでしょう。

 

子供の栄養不足で心配される症状

近年は手軽に食べられるファストフードが流行っていることもあり、小さな子どもの主食も簡単にできるものに移り変わっている傾向があるようです。

 

ジャンクフードなどが人気ではありますが、ジャンクフードではどうしても十分な栄養を摂取することができません。大人になってからの栄養不足にも問題がありますが、子供のうちは更に注意をしなければなりません。

 

なぜなら、子供は体が小さく、免疫力も弱いです。
そのため、少しの栄養不足が重大な病気や症状に繋がってしまうことも珍しくないからです。

小さな子供がいる場合、野菜不足にならないように注意しましょう。野菜が苦手な子供は多いですが、野菜にはたくさんの栄養素が含まれています。

 

野菜不足になってしまうとどのような症状が心配されるのかというと、まず第一に成長に関する問題が挙げられます。

 

充分に栄養を摂っている子供に比べて体が小さかったり、身長が低いということも挙げられますが、他にも様々な症状があるんです。

 

身体が十分に成長しないということは、脳や神経の発達にも支障をきたす恐れがあるということです。

 

ただ単に身長が少し低いだけであればそれほど問題ではないかもしれませんが、発達障害は仕方ないといって見過ごせる問題ではありません。

それから、常に集中力がなく、学校に行っても授業が頭に入らないなどの問題も考えられます。
貧血気味になってしまう子供もいるので、子供でも飲みやすい青汁などを選択して野菜不足の問題を解決しましょう。

 

アトピーの原因は、なんですか?

atopi01

 

子供のアトピーの原因は、1つだけではありません。

様々な原因が考えられるのですが、その原因ははっきりしていない部分が大きく、原因不明のアトピーに悩まされている人もたくさんいます。

 

原因として考えられることの1つに、乾燥が挙げられます。
空気が乾燥する季節はアトピーの症状が悪化することからも分かるように、乾燥を防ぐことがアトピーの緩和に繋がることが多いです。

 

次に、食生活が原因でアトピーが悪化してしまうことがあります。

栄養バランスが乱れた食生活を送っていると、症状が悪化してしまう可能性があるので、まずは栄養バランスの整った食生活を心がけましょう。

 

また、砂糖の摂り過ぎも症状を悪化させる原因の1つです。
砂糖は悪玉菌の餌になってしまうため、砂糖をたくさん摂取すると体内で悪玉菌が増え、内臓の働きが弱まってしまいます。

 

この状態でアレルゲンが入ってくると身体がうまく対応することができず、アトピーに繋がってしまうのです。

 

それと、都会から田舎に移住したところ、アトピーの症状が良くなったという人もいます。ここで考えられるのが、汚れた空気はアトピーを悪化させるということです。

 

できるだけキレイな空気に触れるようにすることも、アトピー改善のために必要なことです。ただ、アレルゲンの原因が分からないものをアトピーと呼ぶわけなので、コレにだけ注意しておけばアトピーは避けられるということはありません。

 

ですが、栄養バランスが整った食生活を送ることが改善に繋がるケースが多いです。