fa1014a95a6021d8b056163a4c8c1aa7_s

 

ダイエットは、すべでの女性の方が何かしら1度は経験されたことがあるでしょう。

 

でも、思った以上に痩せない…痩せてもすぐにリバウンドしてしまうなど、ダイエットに成功したより失敗した方が多いですよね。

ダイエットといえば、置き換えダイエットや○○だけダイエットなどが一時期、話題になってました。でも、それらのダイエットは、体に負担をかけるダイエットで、痩せて体型を維持するのは、かなりの努力が必要でした。

 

しかし、最近、無理なくダイエットに成功ができる8時間ダイエットが注目されています。

8時間ダイエットを実践すると、痩せます!!しかも、痩せるだけじゃなく健康な体にも近づけます。

今回は、この8時間ダイエットについて見ていきましょう。

 

8時間ダイエットは、シンプルなダイエット方法

taijyuukei001

 

8時間ダイエットは、「8時間ダイエット(The 8-Hour Diet)」という本で紹介されたダイエット方法です。

 

ダイエット方法はいたってシンプル。

1日24時間のうち、8時間だけを食事の時間に割り当てて、それ以外の16時間は、何も食べない。でも、水分は積極的に摂るだけの簡単なダイエット方法です。

 

このダイエット方法が注目された点は、食事の量に制限がないということ。

今までのように普通に食事を摂ればいいので、これまでの食事制限、カロリー制限のあったダイエットにつきもののストレスを感じることがないことですね。ダイエットのストレスは、いずれリバウンドとなって体型に現れますね。

 

8時間ダイエットはシンプルなダイエット方法ですが、きちんとしたルールもあります。

  1. 1日の食事は、8時間内におさめる。
  2. 食事時間は、決まった時刻に摂るようにする。
  3. 食事の量を増やさない。

 

まず、食事時間は8時間以内におさめることですが、昼間お仕事をされている方は、お昼の12時から20時(8時)以内に全ての食事を終えるようにしましょう。

 

でも、あなたの生活スタイルに合わせて、前後に1、2間ほど食事時間をずらしてもかまいません。例えば、11時から19時(7時)や13時(1時)から21(9時)などに変更してもかまいません。

 

次に食事時間は決まった時刻にとることが大切です。
理由は、毎日、同じ時間に食事を摂ることで、生活のリズムが整います。また、脳が食事の時間を覚えるので食事時間以外に食べたい欲求を減らすことができます。

 

最後に食事の量を増やさないですが、8時間ダイエットが注目されているひとつに、食事の量はこれまでと同じだということ。

決して、お腹いっぱい何でも食べてもよいということではありません。

 

食事の量は今までとほとんど同じなのに“痩せる”。食べることをガマンしなくても良い、それが8時間ダイエットなのです。ドカ喰いしたのに痩せるってことではありません。

この点は勘違いしないでくださいね。

 

8時間ダイエットは8時間内に食事を終えますが、それ以外は決して、何も口にしてはいけません。ただし、水分は、しっかりと補給してください。

 

基本的に、水やお茶で水分を摂ります。ブラックコーヒーを勧めている方もいますが、空腹時にブラックコーヒーを飲むとインスリンの働きが悪くなり血糖値が上昇しやすくなります。

つまり、太りやすくなってしまうんですね。

cola01

あと、コーラや清涼飲料水も半端ない砂糖が含まれているので、控えるようにしましょうね。http://nicolog.blomaga.jp/より

 

8時間ダイエットは、なぜ、痩せられるの?

上でも説明しましたが、8時間ダイエットはシンプルなダイエット方法です。シンプルなのに、なぜか痩せることができることです。

 

なぜなら、必然的に食事の量が減るからなんです。

8時間ダイエットは、1日2食がメインとなります。お昼12時に食事をとって、20時に最後の食事をとる。8時間だけ。その後は、水分補給をしっかりとするだけ。

 

今までのように1日3食を摂っている方は、1食減るのだから、食事の量やカロリーが減るのは当たり前。食事以外の16時間は、胃腸など消化器官を休ませることができます。この消化器官を休ませることが大事なポイントなんですね。

 

今までのように朝7時に朝食、12時にお昼、19時に夕食をしっかりと3食を摂ると消化器官などの内蔵が1日フル回転で働きます。

これが毎日だと1年中、内蔵は働きっぱなしです。

まさにブラック企業状態です… 内蔵も休暇が必要なんです。

 

8時間ダイエットの場合、16時間が内蔵を休める時間となります。

 

内蔵を休めると、どうなるのでしょうか?

消化器官などの内蔵が休まると、胃腸の働きが正常になり内蔵の疲労も回復します。そうなると、体内に溜まった老廃物が体の外へ排出されるようになるのです、便秘解消にもなりますね。

(老廃物とは、宿便や有害金属、食品添加物などです。)

 

また、基礎代謝もアップするので、脂肪を燃焼しやすくなるのです。

つまり、痩せるってことですね。

 

8時間ダイエットは、1日3食だった食事を2食にして、1食分のカロリーを取らないダイエット方法ですが、あなたなら、どの時間帯の1食を減らしますか?

朝ですか?

お昼ですか?

夕食ですか?

痩せる!!ことだけを目標にするのなら、夕食を取らないほうがダイエットに効果があります。1日の食事の中で、摂取カロリーが多いのが夕食ですので。

ただし、夕食を抜く場合、デメリットもあります。
特に家族がいる方は、家族団らんの場である夕食を抜くと旦那さん、奥さん、子供たちとのコミュニケーション不足になるかもしれません。

もし、夕食を抜こうと考えている方は、8時間ダイエット方法に反しますが、炭水化物だけを抜いてもよろしいかと思います。例えば、サラダや野菜スープだけとか。

この方法だと、家族と一緒に食事が取れますので、コミュニケーション不足にはならないでしょう。

 

朝食を抜く場合は、お昼まで何も口に入れないことになります。
そうなると脳がボーッとして仕事にも影響がでます。朝食は、脳のエネルギー補給に大切です。できれば、朝食はしっかり食べるようにしましょう。

これは、昼食を抜いた場合も同じです。
お腹が空いた状態で、午後の仕事を精力的にこなすのは無理です。お昼もしっかりと取りましょう。

8時間ダイエットを成功させるには、夕食を抜いたほうが達成しやすいのですが、個々の生活スタイルにあわせて、”あなた自身にあう方法”を見つけましょう。

 

 

8時間ダイエットに慣れてくると、朝の目覚めが良くなり、昼間のだるさや眠気がスッキリと解消されます。

8時間ダイエットは、時間をかけてゆっくりと体重を落とす方法です。体重を落とすまで時間がかかりますが、リバウンドしにくいダイエット方法でもあるのです。

 

最初から8時間ダイエットは無理だという方は、時間を延ばし10時間や12時間ダイエットから初めても大丈夫ですよ^^

 

8時間ダイエットより体重が落ちるスピードは遅くなりますが、効果はあります。また、週末だけ8時間ダイエットにチャレンジしても効果はありますよ。

 

野菜ジュースのカロリーは、高いの?低いの?

yasaijuce

 

ダイエット中で気になるのは、やっぱり、カロリーですよね。

ダイエット中は、カロリー制限中なので食事にも気を使います。ついコンビニで野菜ジュースが目に留まった場合、あなたなら、その野菜ジュースを買いますか?

野菜不足を補う場合、野菜ジュースは手ごろな値段で美味しくて飲みやすいのですが、野菜ジュースは、意外とカロリーが高いのです。

 

野菜不足や栄養不足を補うために野菜ジュースを飲んでいるということであれば、青汁に変更したほうがいいかもしれません。

 

理由として挙げられるのが、カロリーの問題です。

 

実は、野菜ジュースはカロリーが高い製品も多く、飲みすぎると逆に不健康を招いてしまう可能性があるからです。

 

カロリーオフの製品であれば、一本35キロカロリー程度のものもあります。
こういった製品であれば、それほどカロリーについて気にする必要はないかもしれませんね。

 

ですが、一本あたり80キロカロリー程度のものは、飲みすぎないように注意しなければなりません。

 

野菜ジュースの場合、一日一本が目安とされている製品もあるので、目安量を飲んだ時にどれくらいのカロリーになるのか確認しておくことをおすすめします。

 

もし、1杯あたりのカロリーが高く、飲まなければならない量も多いということであれば、別の製品に切り替えたほうが健康に繋がる可能性があります。

 

特に、おいしさで野菜ジュースを選んでいる場合は、高カロリーの製品を選択しているかもしれません。おいしい製品の多くには野菜の他に果物が入っているのですが、果物が入ると甘くなるかわりにカロリーが高くなってしまうからです。

 

野菜ジュースを選ぶ際には、カロリーを抑えるためにも野菜100%のものを選択するといいですね。

 

野菜ジュースと青汁の違いは?

野菜ジュースも青汁も、不足しがちな栄養素を補うことができるという点では、大きな変わりはありません。

 

ですが、それぞれに特徴があるので知っておきましょう。

 

まず、含まれる栄養素の違いです。

 

これは青汁のほうが断然多いとして知られています。
もちろん、どの製品を選択するかによっても含まれる栄養素は違いますが、青汁には野菜ジュースに含まれていないような栄養素も含まれているんです。

 

また、青汁のほうが糖質が断然少なく、様々な栄養素をバランスよく摂ることができます。

 

それから、カロリーも違いも非常に大きいです。
野菜ジュースはおいしくて飲みやすいイメージがありますが、飲みやすい製品の多くには果物も配合されており、カロリーが高くなりがちです。

 

果物が含まれていない野菜ジュースでも、青汁と比較すれば断然カロリーが高いです。

 

1杯あたりのカロリーは野菜ジュースが35~85キロカロリー程度であるのに対し、青汁はほんの10キロカロリー程度しかないんです。

 

飲みやすさでいえば野菜ジュースのほうが上かもしれませんが、近年は非常に飲みやすい青汁も増えてきています。青汁は苦くてまずい、飲みにくいと思っている人は、飲みやすい青汁から試してみましょう。

 

飲みやすさ、続けやすさで選ぶ場合は野菜ジュース、健康面で効果が高いものを選ぶのであれば青汁だということができるかもしれません。

普段の食生活が乱れがちで栄養不足、野菜不足を感じているのであれば、青汁がおすすめです。

 

8時間ダイエットには、青汁が合います。

8時間ダイエットは、1日の食事のスタートがお昼頃です。起きてからお昼まで食事をとらず水やお茶を飲むだけです。

 

この時、お水を青汁に変えてみることをオススメします。

8時間ダイエットの場合、1日の食事が2食になるので、野菜の量が減ってしまう可能性があります。減った野菜を補うのに、青汁が適しているんですよ。

 

青汁の中でも、「神仙桑抹茶ゴールド」はダイエットに向いている青汁なんですよ。

shinsen002

 

神仙桑抹茶ゴールドは、桑の葉から作られた青汁です。

この桑の葉、余分な糖分の吸収を抑える働きがあると言われ、血糖値の上昇も抑えると言われています。

血糖値の上昇を抑えると太りにくい体になると言われています。

無農薬野栽培、完全無添加が”売り”で、国際銘茶品評会で金賞も受賞されて飲みやすい青汁として好評です。

>>神仙桑抹茶ゴールドを実際に体験しました。詳細はこちらです。

 

Ps.桑の葉の青汁で、一番、売れている青汁です!!