shinsen008

 

青汁を飲んでみたことがあるものの、お腹が張ってしまい、苦しんだ経験された方も多いようです。

 

お腹の張りを改善させる目的で青汁を取り入れた人からすれば、全く逆の働きになってしまいますよね。なぜ青汁を飲むとお腹が張ってしまうことがあるのかというと、これには食物繊維が関係しています。

青汁にはたくさんの食物繊維が含まれていますが、実は食物繊維は体内に留まり、発酵しやすいという特徴を持っているんです!!

 

青汁の原材料に含まれている食物繊維の量

  • ケール:食物繊維 3.7g(100g中)
  • 明日葉:食物繊維 5.6g(100g中)

参照:青汁の原材料

 

腸内環境が整っている人であれば排便がスムーズになるのですぐに便として排出しやすくなります。腸内環境が乱れている人だと発酵した食物繊維がガスを発生させてしまうことがあります。

 

青汁を飲んで、お腹が張って苦しい…のは、なぜ?

ほとんどの場合、青汁に体が慣れて腸内環境が整えば、青汁を飲んだせいでお腹が張るという状況から抜け出すことができます。最初はお腹が張って苦しかったという人でも、青汁を飲み続けていると数日でお腹の張りを感じなくなるようです。

そのため、製品に記載されている適量を守っているのであれば、お腹の張りをそれほど気にする必要はないでしょう。

ただ、もしかしたらその製品が合わないということも考えられるかもしれません。

 

2週間ほど青汁を続けてみて、どうしてもお腹の張りが改善されないということであれば、別の製品に切り替えることも考えてみるといいですね。

その場合、今現在飲んでいる青汁でメインになっている原料とは違う原料をメインにしている青汁を選択したほうがいいでしょう。

 

食物繊維が含まれていない青汁を選ぶのもあり!!

青汁を飲もうと決めた場合、いろいろな理由があるかと思います。

  • 仕事が忙しく外食中心で野菜が不足していると感じている。
  • 肌荒れやニキビが気になってしょうがない…
  • 便秘がひどい…でも、便秘薬に頼りたくない…
  • 子供が野菜嫌いで、なんとかしたい…
  • ダイエットがしたい。
  • 家族のためにも健康で長生きしたい。

など。
青汁を購入する理由も人それぞれですよね。

 

この中で便秘がひどくで毎朝、スッキリしたいから青汁を飲み始めた方もいることでしょう。でも、青汁を飲み始めたことによって、お腹が張って苦しい思いをした方もいます。

 

その原因は、食物繊維が腸内に留まって発酵してしまうのが原因です…でも、青汁って、食物繊維が含まれているのが当たり前だと思っていませんか?

 

現在、発売されている青汁の中で食物繊維が含まれていない商品もあります。

それが、やずやの「養生青汁」です。

 

「やずやの養生青汁」は、食物繊維が青汁に含まれている栄養素の吸収をジャマをするので、ワザを取り除いているんです^^

野菜の栄養を取りたいから青汁を飲みたい…だけど、お腹が張ってキツくなるのは嫌だ!!と思う方には、お腹の張りの原因となる食物繊維を取り除いた「やずやの養生青汁」がオススメだと思います。

 

青汁は、原材料によって効果は様々です。

食物繊維は、お腹の中で発酵してお腹が張る原因になりますが、食物繊維には腸内をキレイに掃除をする働きもあるのです。

そして青汁には、様々な効果も期待されています。

青汁は、使用されている原材料によって様々な効果が期待されているんです。

 

青汁にはおもに、ケールや大麦若葉が、原材料として使用されています。
ケールにはビタミンやミネラルをはじめとして、カルシウムや葉緑素、GABA(ギャバ)、食物繊維、葉酸などといった栄養素が豊富に含まれています。

 

大麦若葉には圧倒的に食物繊維が豊富に含まれており、健康に関するさまざまな面で高い効果を期待することができます。ただしメーカーによっては、原材料の栽培場所や栽培方法、製造方法などが異なるため、効果についても差があるということが言えます。

 

ケールや大麦若葉については、国内のほか、海外で栽培されたものが原材料として使用されています。外国産ではおもに、中国で栽培されたものが多くなっています。

青汁に使用されているケールや大麦若葉は、無農薬栽培されているというのが一般的となっていますが、ちゃんとした効果を期待するためにも、購入時にはしっかり確認するということが大切となります。

 

できれば国内産で、農薬や化学肥料が使用されていないものを選ぶということがポイントとなります。でも、海外で原材料を栽培されていても、栽培地や栽培地の周り全体を無農薬に徹底した青汁メーカーもあります。

それが、株式会社 お茶村から発売されている「神仙桑抹茶ゴールド」です。公式サイトに中国で原材料を栽培している理由をはっきりと明記されています。

 

原材料が海外で栽培されているから、不安…と思わずに、しっかりと見極める必要がありますね。

 

青汁の効果を実感するためには、継続して飲み続けるということが重要となります。最低でも3ヶ月以上は続けることが望ましいとされているため、購入時には、継続が可能な価格帯であるかを確認するということも大切となります。

たとえ評判の青汁であったとしても、継続しなければ結果を得ることは難しくなります。

 

青汁の成分について

青汁に含まれるおもな成分としては、食物繊維やビタミン、カルシウム、葉酸などがあげられます。

青汁はとくに、ビタミンB群や葉酸の含有率が高いというのが特徴です。また、青汁にはビタミンB群の中でも、B1、B2、B6、B12が豊富に含まれています。

 

ビタミンB群にはおもに、炭水化物や脂肪、タンパク質の分解に作用するといった働きがあり、具体的にはビタミンB1には糖質の分解を助ける働きがあります。B2には細胞の再生やエネルギーの代謝を促すといった働きがありますよ。

B6には健康な皮膚や被毛、歯の成長を促進する働きあり、B12には葉酸と結びついて赤血球のヘモグロビンの合成を助け、悪性貧血を防ぐといった働きがあります。

そしてビタミンB群の仲間でもある葉酸には、貧血防止や、妊娠中の胎児の成長を助けるといった働きがあります。

 

また、美容に良いと謳っている青汁には、美容効果の高いローヤルゼリーやヒアルロン酸なども、豊富に含まれています。

ローヤルゼリーには必須アミノ酸を初めとする20種類以上ものアミノ酸が豊富に含まれており、肌の老化を防いでハリやツヤを甦らせるといった、美容効果を期待することができます。

そしてヒアルロン酸は保水効果が非常に高く、しっとりとした潤いのある肌を手に入れるのに、効果的となっています。

 

まずは、トクホの青汁から!!
バナー原稿imp